Google自動翻訳

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

砂

Author:砂
 ヨロヨロでオロオロな日々を愛でるオイちゃん。
 自他共に認める無類の猫好き。

  めぃruはココから
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:すごっ
とても熱くした金属ボールをすぐに水に浸すとどうなるか【Leidenball Best】
【海外サイトより】【動画】
【00分18秒】

ライデンフロスト効果・・・だけじゃ終わらないみたいです(((;゜ω゜)))

Comment

ん??どーいうこと??

温度が下がったからハジケたのか?。。

いやそれにしてもこうゆう化学ネタウェルカムよb

一気に酸素と化合してさびたんじゃない?

熱すぎてボールのまわりの熱で水が一気に気化して水がボールにあたってないとか・・・?んで温度が下がってきて気化しにくくなって水があたって、じゅわ~~~みたいな?
違うかな・・・・・?

>ALL

説明不足ですんません(;´Д`)

んと、ライデンフロスト効果ってのは、ストーブに水滴が落ちた時なんかにコロコロ転がってるのを見た事があると思うのだけど、アレです。
要するに、高温の物質と液体の接点で液体が蒸発してナンタラカンタラ・・
まぁ、学者じゃないので正確な事は分りませんw
で、爆発みたいのは・・ん~~~何でかなぁ・・
たぶんだけど・・想像するに、ライデンフロスト効果の消滅とともに水に触れた金属が急激に収縮したからじゃないかと・・

↑大体正解
最後の爆発はライデンフロスト効果の消滅。消滅と同時に瞬時に水が球全体が触れたため水蒸気爆発。金属が急激に収縮とか酸化とかじゃあないよ。

>?さん

ほうほう・・水蒸気爆発(((;゜ω゜)))ナルホロ

皆、そーゆー事だって。

情報サンクス!(^ー^)ノ

開始数秒で一度 パキン!って音がするのがかっちょいい

膜沸騰です。

>名無しさん

そーそーwなんかSFっぽい感じだよね♪

>?さん

膜沸騰・・ですか・・また知らない言葉が出てきました。

> 金属が急激に収縮とか酸化とかじゃあないよ。
なんで球の色すぐ変わってしまうん?

>名無し!! さん

さぁ・・私には分らんですたい(;´Д`)スマソ

よく見てくださ~い
球の色は変わってないですよ♪金属のように見えているのは水蒸気の膜です☆

高温の金属、液体が蒸発して蒸気の膜が出来る。
そして蒸気の膜が出来ている間、金属の冷却は進まないんだが、蒸気の膜が壊れると金属と液体が触れ合い、一気に冷却される。これはそれの映像だね。

カドのない球なんかだと蒸気膜が長時間持つし。

水に入れる前の段階から見たかった。

>?さん

なのです(^ω^)

> ?さん

ダテに球じゃないんだねぇ・・なるほど・・

>?さん

多分、バーナーでジュージューしてるんじゃないかなぁ・・

↑恐らく電気炉だと思いますよ。バーナーじゃムラが出来てしまうので。

で、水に入れるときの玉が何度くらいだとこういう現象がおこるのだろうか??

> ?さん

ほう・・電気炉ですか・・
確かに、言われてみればバーナーじゃ均一には温められそうにないですね。

> ?さん

さぁ・・何度なんでしょうか・・
まぁ、100度以上なのは確かですよね。

>何度なんでしょうか

教科書引っ張りだして調べてみた。
水と加熱面の温度差ΔT[K]が、5*10^1 から 1*10^3 の間位みたい。
まぁ、鉄球を赤熱(1200℃近くになる)させてから100℃近くの水に突っ込めば、こうなるんじゃね?
細かい数字は計算するのメンドイからパス。

ネット上の参考資料のひとつ(核沸騰の説明):
http://atomica.nucpal.gr.jp/atomica/dic_1518_01.html

参照元(youtube)のコメント欄を見たら、こんな記述があったので、転載翻訳。

>Imalittlebitonfire (1 month ago)
>Whar rhe hell did I just see?
「いったい これは なに?」

>deanbaird (1 month ago) [転載者注:映像の投稿者さんです]
>A brass ball heated in a Bunsen burner then immersed in warm (60-70 C) water. That's all.
「真ちゅうの球をブンゼンバーナーで加熱して、ぬるま湯(60~70℃)に浸しただけです」

うちの研究室だとおおよそ800~850度だな。

1200Kの間違いだったかも知らん。
もう何年も前に学んだ知識だから、我ながら信用が置けんw

>D8.DJjJkの?さん

沢山調べて頂いてドモドモです(^^)ノ

成る程ねぇ・・水っていうより寧ろお湯だったってのに一番驚きました。

> ?さん

うちの研究室・・おおおお!!
言ってみてぇぇぇえええ(´ω`)カコイイ

これは自発核生成という特異な沸騰現象だよ.水,大気圧の場合には,熱力学的には300度まで沸騰せずにこらえらることができて,それを超えると一気に微細気泡が発生し,圧力はを伴った爆発的な蒸発が起こるのです.
サーマルインクジェットプリンタの射出機構に応用されています.通常の沸騰と違って再現性が非常に良いのです.

>ぷーさん

自発核生成ですか・・勉強になるなぁ・・

意外とウチを見に来てくれる人って化学方面に強い人が多くて助かりますドモドモ♪(^ω^)ノ

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © すなあじ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。